ふみだむブログ

アクセサリー制作のスクールにて勉強中の内容をご紹介しています。

リペア(修理)授業_2 貴金属加工_91

こんばんは。

 

金曜から月曜まで学校が無かったので、ずっとワックスをイジっていました。

ある程度数が出来たら、また鋳造に出そうと思っています。

今回はワックスで石座を作る事にも挑戦します。

 

今日の午前は、2回目のリペア授業です。

チェーンのつなぎ直しをする練習をします。

f:id:fumidamu:20210615221134j:image

事前に頂いたチェーンは綺麗でキチンと繋がっているので、ニッパーで

プチンと切断してロウ付けをします。

ルーペでチェーンを観察すると、今回のあずき型?の細い方の片方に

小さなロウ目が見えます。

こういったチェーンは全て機械でロウ付けして、ところてんを押し出す機械の様に

ズルズルと出てくるそうです。
f:id:fumidamu:20210615221118j:image

5回くらい切って繋げてを繰り返しました。

ロウ材を極小サイズにして、バーナーの火もピンピンの激細にしてロウ付けします。

2回失敗して、火が下のチェーンに当たってしまいロウが溶けだしてしまったり

ロウが多過ぎて団子になってしまったりです。
f:id:fumidamu:20210615221145j:image

ロウ付けが終わったら、バフで研磨して超音波洗浄機にかければ完成です。

費用対効果を考えると、既製品のチェーンが切れたらまた買い直した方が

良さそうですし、リペアをしている業者さんは面倒そうですよね。

f:id:fumidamu:20210615221059j:image

余った時間で、次の授業で使う既製枠のリングを研磨します。
f:id:fumidamu:20210615221055j:image

白が無くなるまで頑張っていましたが、ヘラを使ったりしないと細かいところは

まだ銀色にならないです。

時間を見付けてまたやっておきます。

 

午後は、ふくりんデザインペンダントです。
f:id:fumidamu:20210615221102j:image

前回授業中適当に描いていましたが、休み中に何点かデザインを描いてみました。
f:id:fumidamu:20210615221114j:image

一応5点中2点省いて、先生に見て頂きました。

選択肢に無い、右から2番目の気持ち悪いのが良いと…

今回は真ん中のハニカムっぽい図形をモチーフにしたペンダントを作成します。

f:id:fumidamu:20210615221137j:plain
f:id:fumidamu:20210615221129j:plain

デザインは決まったので、必要な地金を準備します。
f:id:fumidamu:20210615221125j:image

角棒から切り出して、バーナーでなまして必要な厚さのプレートになるまで

ローラーで引いて準備します。

デザイン通りの下書きをテンプレートとケガキを使って描いて切り出しました。

f:id:fumidamu:20210615221107j:plain
f:id:fumidamu:20210615221110j:plain

下書き線の外側で切って、ヤスリで線まで削る予定です。

別で作った2つは、中を抜いてロウ付けして段差を付ける感じにしたいです。

f:id:fumidamu:20210615221121j:image

石座も高さが決まったので、ロウ付けして1つにしました。

ロウが少し内側にはみ出たので、削らないと石が入らなくなってしまいました…

下手くそなロウ付けを何とかしないと、ふくりんの石座を作るたびに

面倒な削る作業が発生してしまっています。

f:id:fumidamu:20210615221142j:image

完成したらこのような雰囲気です。

-鋳造依頼してみた結果-

こんにちは。

 

先日鋳造の依頼をしたワックスが、銀になって返って来ました。

f:id:fumidamu:20210612153323j:image

カード払いを選択したかったのですが、地金っぽい物は銀行振込か代金引換しか

対応していないみたいでした。

銀行振込の確認で納品が遅れるのが嫌だったので、代金引き換えにしました。
f:id:fumidamu:20210612153705j:image

紙袋をあけたら、結構デカめのプチプチに梱包されています。
f:id:fumidamu:20210612153224j:image

ビニールの中に納品書と送付時に梱包したタッパーを入れてくれていました。

f:id:fumidamu:20210612153341j:plain
f:id:fumidamu:20210612153202j:plain

6,189円、タッパーは養生テープを巻いてくれています(折り曲げてくれてました)。

f:id:fumidamu:20210612153208j:plain
f:id:fumidamu:20210612153303j:plain

送付時の梱包材やケース、小袋なんかは返却してくれるみたいです。

出来た物は、番号通りに入れてくれています。

f:id:fumidamu:20210612153623j:plain
f:id:fumidamu:20210612153633j:plain
f:id:fumidamu:20210612153345j:plain
f:id:fumidamu:20210612153320j:plain
f:id:fumidamu:20210612153317j:plain
f:id:fumidamu:20210612153352j:plain

おー!
ちゃんと出来ています。

f:id:fumidamu:20210612153627j:plain
f:id:fumidamu:20210612153230j:plain
f:id:fumidamu:20210612153159j:plain
f:id:fumidamu:20210612153619j:plain
f:id:fumidamu:20210612153221j:plain
f:id:fumidamu:20210612153242j:plain
f:id:fumidamu:20210612153640j:plain
f:id:fumidamu:20210612153310j:plain
f:id:fumidamu:20210612153256j:plain
f:id:fumidamu:20210612153205j:plain

湯口はキチンと指定箇所に付けてくれています。

先生が良く言っていた、「形状や傷がそのまま鋳造される」というのは本当でした。

f:id:fumidamu:20210612153326j:plain
f:id:fumidamu:20210612153659j:plain

ソフトワックスで作ったリングは、テクスチャーの線はもちろんですが
少しのバリや凹みも再現されていました。

スや気泡による団子は思っていたほどありませんでした。

バレル研磨をお願いしていたので、鋳造の授業で仕上がった物より

鋳肌面はツルツルでした。

とりあえず①を仕上げていきます。

f:id:fumidamu:20210612153300j:plain
f:id:fumidamu:20210612153250j:plain

糸鋸で、湯口を切り取って削ったらバーナーでなまして芯金に入れて真円を出します。

サイズは12号でピッタリ計算通りのサイズ。

f:id:fumidamu:20210612153358j:plain
f:id:fumidamu:20210612153331j:plain

シリコンポイント#1,000相当で研磨した後に、#1,200で研磨。

f:id:fumidamu:20210612153653j:plain
f:id:fumidamu:20210612153253j:plain

青棒バフ研磨しましたが、細かい傷が多くその後ヘラで磨きました。

f:id:fumidamu:20210612153355j:plain

最後に再度バフ研磨したら仕上げ完成。

他も同じやり方でやってみましたが、中々黒光りしてくれないです。

f:id:fumidamu:20210612153338j:plain

  • ソフトワックスで作った葉っぱのリングは、筋状のテクスチャが白いまま
  • 丸穴の開いたリングは穴の中に段が有り、白いまま
  • 釈迦玉の付いたリングは、釈迦玉間が狭くて磨き辛づらくて白いまま
f:id:fumidamu:20210612153637j:plain
f:id:fumidamu:20210612153334j:plain
f:id:fumidamu:20210612153227j:plain

先端の小さいシリコンポイントや、研磨剤を付けたつまようじで

穴や細い隙間をゴシゴシすることに。

f:id:fumidamu:20210612153218j:plain

更に青棒バフとブラシを結構強めに当てて、研磨しました。

穴と細い隙間はシリコンポイントが入らないので、ブラシに青棒をたっぷり付けて

前後左右角度を変えながらしつこく研磨しました。

テクスチャ部分は、筋目に沿って細いシリコンポイントを当てて

ブラシで筋に沿って研磨しました。

f:id:fumidamu:20210612153334j:plain
f:id:fumidamu:20210612153649j:plain
f:id:fumidamu:20210612153643j:plain
f:id:fumidamu:20210612153314j:plain

やはり綺麗ではない面にいくらバフで研磨したとしても、白が取れるだけで

ピカピカにはならないですね。

穴ぼこのリングに関しては、完全には白が消えていません。

もう少し細かく、1つずつに対して念入りにしないとなので時間がかかりそうです。
作成ミスですね。

 

重量や金額を見ていきます。

f:id:fumidamu:20210529171615j:plain
f:id:fumidamu:20210612153239j:plain

 

f:id:fumidamu:20210529171503j:plain
f:id:fumidamu:20210612153306j:plain
f:id:fumidamu:20210529171508j:plain
f:id:fumidamu:20210612153709j:plain
f:id:fumidamu:20210529171612j:plain
f:id:fumidamu:20210612153630j:plain
f:id:fumidamu:20210529171603j:plain
f:id:fumidamu:20210612153236j:plain

ワックスの比重に対して、SILVER925はおよそ10倍の質量…10.5倍位。
湯口を1gと想定していましたが、やはりというか当然というか…。

鋳造する物のサイズ次第で湯道にするスプルーワックスの径が大きくなっていました。

切断する長さにもよりますが、今回の材質だと湯口は+0.5gという感じですかねー。
合計の重量は、ワックス→1.76g、シルバー→20.88gです。

1.76×10.5+0.5×5=20.98g…大体こんなもんです。

f:id:fumidamu:20210612153341j:plain

重量が、アレレ21.32g?

んー、2%位重量が増えています。

ですが、単価が依頼フォームでは231円だったのに210円になっているので

安くなっているからまぁいいか。

送料880円と代引きの手数料がかかって1,150円。

代引き手数料はそれほど考えなくても良い位の金額でした。

予想していた金額が、6,740円だったのでキャストの費用が安くなった分

500円ほど安くなりました。

発送220円+6,189円=6,409円

もし販売するならもう少し量を作った方が良さそうです。

15個以上で55円工賃が安くなるみたいです。

 

発送から納品までの期間です。

(発送)5/29午後→(着工)6/2→(完成)6/8→(発送)6/8午後→(納品)6/9
発送から着工までの期間が妙に長いのが腑に落ちないですが、

TELやメールはきちんとした対応を取って下さいました。

12日間かかりました。

余裕をもって鋳造に出せない時は、納期を相談すると良いみたいです。

 

その他

問い合わせをしない限り、基本的にはご連絡が来ません。

発送した原型のワックスが到着したかの確認や、着工が始まっているのかを

確認したい時には直接TELやメールで問い合わせるか、依頼フォームに

「到着時or着工時連絡の事」の様に記載すると良いみたいです。

梱包に関しては、今回の様な入れ方が最善と回答して頂きました。

ソフトワックス等の柔らかく粘着力がある物は、張り付いたり潰れたりしない様に

個別に包んで梱包しましょう。

今回はチャック付きの小袋に入れて、空気をパンパンにした状態で

チャックを閉じました。
開封時気を付けて頂ければ、この梱包でOKですね。

 

まだ完全には完成していませんが、失敗した穴ぼこリングを再度作成しています。

f:id:fumidamu:20210612153246j:image

穴の段差と指の腹側の凹凸を出来る限り、盛ったり削ったりして綺麗にしています。

f:id:fumidamu:20210612153215j:plain
f:id:fumidamu:20210612153211j:plain

金属加工用の精密ヤスリを使っています。
優しく削ればペーパーの#1,000相当位までは綺麗になります。

ただ、どうせ鋳造後削るのでというネットの記述を良く目にするのが分かりました。

結局鋳造後にバレル研磨しても磨かないと綺麗にならんのです。

原型は凹凸はもちろんない方が良いですし、綺麗な面で出したいですが

#1,200や#1,500、ナイロンやストッキング等でピカピカに仕上げる必要は無いですね。

 

今度は、蜜蝋や甲丸リングなんかを鋳造依頼してみようと思います。

貴金属加工_89&90

こんばんは。

 

今朝ポストに、新型コロナウイルスワクチン集団接種を行うというチラシが

入っていました。

一日最大900名みたいです。

どうせ予約が取れないんだろうなぁーと、思いつつも更に暑さがピークに

なる前に打ちに行きたいなぁ。

 

今日は一日貴金属加工です。

午前は延べ出しリングの仕上げです。

f:id:fumidamu:20210610201432j:image

石留めと仕上げも終わって、先生にもOK頂きました。

f:id:fumidamu:20210610201440j:plain

f:id:fumidamu:20210610201440j:plain

f:id:fumidamu:20210610201440j:plain
f:id:fumidamu:20210610201447j:plain
f:id:fumidamu:20210610201453j:plain

石座とリングの間の銀ロウのことと、石座をもう少し低く出来たね。
うーん、頑張ります。

次の課題は、デザインふくりんペンダントです。

石はカボションで10×14mm前後のサイズで、地金はSILVER950です。
f:id:fumidamu:20210610201427j:image

虎目石を買いました、410円です。

1つポツンと研磨漏れみたいなのがあります…。

石は買いましたが、デザインが決まっていないのでとりあえずは、

石座を作りながら考える事にします。
f:id:fumidamu:20210610201450j:image

中座は出来ました。
f:id:fumidamu:20210610201424j:image

午前は、中座を作ったところでおしまいです。

 

午後は、石座の外座作りです。

f:id:fumidamu:20210610201443j:image

1mmの地金が余っていたので、すぐ作れました。

石の高さも考えて中座を低くしました。

f:id:fumidamu:20210610201456j:image

ロウ付けは、デザインが決まるまで止めています。
f:id:fumidamu:20210610201437j:image

少しデザインを考えてみたのですが…

なかなか決まらない、ただの落書きみたい。

左から、「目」、「トランプ」、「?」、「トライアングル」、「釣り針」…

お休み中にデザインを考えたいと思います。

デザイン_29 ワックス加工_58

こんばんは。

 

毎日「あつい、あつい。」と言ってもしかたないのですが、暑さがハンパないです。

そのせいかあまり寝れず、帰りの電車はいつもウトウト。

 

午前は、デザインです。

ゴールドとプラチナの色塗り?彩色の続きです。

f:id:fumidamu:20210609192325j:image

グレーが濃いらしいです。

そして、右上のリボンどうでしょう。
f:id:fumidamu:20210609192335j:image

ちょっと気合を入れてみたのですが、こげ茶がキツいらしいです。

難しい…。
f:id:fumidamu:20210609192332j:image

ペンダントの彩色ですが、参考も無いので光の当たり方が分からず

陰影の描き方がいまいちです。

ペンダントが終わったら、色石から練習だそうです。
f:id:fumidamu:20210609192328j:image

 

午後は、ワックス加工です。

裏抜きの続きで、結構掘り進んでいたんですが貫通してしまいました。

f:id:fumidamu:20210609192342j:image

場所は側面です。

斜めに絞っているので、裏抜きも斜めに削らないといけないのが

毎度難しく、結果4か所全て表から盛って修復しました。

f:id:fumidamu:20210609192357j:plain
f:id:fumidamu:20210609192349j:plain
f:id:fumidamu:20210609192345j:plain

まだ裏はジャキジャキなので、削りながら整えないといかんです。
f:id:fumidamu:20210609192322j:image

 

ババーン!

先ほど届きました。
f:id:fumidamu:20210609192338j:image

まだ開けてないので、また明日開けてみます。

リペア(修理)授業_1 キャスト(鋳造)授業_2

こんばんは。

 

今日は予報通り暑かったので、草履で行ってみました。

朝食べたパンがあたって、駅までの道のりで激腹痛。

駅のトイレに駆け込み汗がダラダラ…。

何とか耐えてましたが、学校着いた瞬間トイレへ駆け込み…。

そして、草履を履いていたので先生に怒られました…。

 

午前は、リペアの授業です。

選択で受講しました。(約6,000円)

f:id:fumidamu:20210519193018j:plain

朝一頂いたのがコチラ。

f:id:fumidamu:20210608202959j:image

f:id:fumidamu:20210608202939j:plain
f:id:fumidamu:20210608202920j:plain
  • テキスト
  • リング
  • チェーン

週1回の3Day's1日目です。

今日は、リングのサイズ直しです。

11号のリングを9号に縮め、11号に広げるという内容です。
リングを切ってはロウ付けし、ロウ目を切って地金を差し込みロウ付けを。

ツルツルピカピカのリングがこうなりました。

f:id:fumidamu:20210608202935j:plain
f:id:fumidamu:20210608202924j:plain
f:id:fumidamu:20210608202956j:plain
f:id:fumidamu:20210608203012j:plain

リングがストレートだと多分綺麗に出来やすいですが、リングを絞る感じのものだと
少しでも斜めに糸鋸を入れたりすると凹凸が出来てしまいます。

リングサイズをダウンさせると上下に三角お山が出来てしまいます。

ココで重要なのが、リングに石がセットされていると熱を加えたりし辛いので

基本シルバーはしないそうです。

そしてサイズ直しをする時は、リングを指に通した時の腹の部分のみサイズを

調整します。
石が付いてると、割れたり外れたりするみたいです。

今日はこんな感じでした。

次回は、チェーンのロウ付け?です。

 

午後はキャスト、ラストです。

貴金属加工の授業で余っていた地金の端材を取っていたので、

それを鋳造に使用しました。

昨日準備した石膏を電気炉に入れて、脱ロウしまして鋳造機に入れた所まで

危ないという事で先生が準備して下さいました。

スタートボタンを押すのが今日の1発目のお役目です。

出来たらバケツにぶち込み型を壊して出来上がったのがコチラ。

f:id:fumidamu:20210608203015j:image

シルバー…。

黒い…。

表面はザラザラでサメ肌のようです。

銅が周りに付いているみたいで、酸化して黒くなっているようです。

なます要領で加熱して、酸に入れてを3~4回繰り返すと白くなります。
f:id:fumidamu:20210608203005j:image

f:id:fumidamu:20210608203015j:plain
f:id:fumidamu:20210608203005j:plain

Before After がコチラ。

うむ…。

f:id:fumidamu:20210608202952j:plain
f:id:fumidamu:20210608202947j:plain

裏抜きしたところに空気が溜まって、コブみたいになっていて

肌がブツブツに…

こうなるみたいです。

空気の塊は、型を作る時に空気を逃げやすくすれば出来にくいみたいです。

こんな感じでキャストは終わりました。

時間が余ったので、ワックスの続きです。

イニシャルリングの裏抜きをしているところです。

f:id:fumidamu:20210608202944j:plain
f:id:fumidamu:20210608203002j:plain

側面はの裏はほぼほぼ終わって、表の裏を進めないといけません。

f:id:fumidamu:20210608202931j:plain
f:id:fumidamu:20210608202917j:plain

真ん中のつながる部分をがちょっと、角が欠けてしまいました。

最後に盛って調整してみます。

ワックス加工_57 キャスト(鋳造)授業_1

こんばんは。

 

今日は、激熱でした。

名古屋は30℃超えだったみたいですね。

Tシャツ1枚でイケましたが、電車内が激寒でビビりました。

明日も30℃を超える予報なので、草履を履いて足元から涼もうと思います。

 

午前は、ワックス加工です。

印台イニシャルリングの続きです。

f:id:fumidamu:20210607193042j:plain
f:id:fumidamu:20210607193055j:plain

ケガキでサッと"H"のイニシャルを書き入れ、線通りに削っていきます。
f:id:fumidamu:20210607193031j:image

少々写りがですが、中々上手に出来ました。

側面の溝に少し削り痕があるので後程整えます。
f:id:fumidamu:20210607193027j:image

そして、裏抜き。

なかなかに時間がかかりそうな感じです。

あと2コマ位かかりそうです。

 

午後は、キャストです。
f:id:fumidamu:20210607193035j:image

2day'sの1日目です。

f:id:fumidamu:20210607193038j:image

頂いた物はこんな感じ。

  • 鋳造用のワックス
  • ゴム台
  • ステンレスリン
  • スプルーワックス(10mm位)
  • インジェクションワックスの塊

鋳造用のワックスに、スプルーワックスを取り付けてゴムの土台に付けていきます。

f:id:fumidamu:20210607193023j:plain
f:id:fumidamu:20210607193045j:plain

付けたら、ステンレスリングを被せます。

f:id:fumidamu:20210607193051j:plain
f:id:fumidamu:20210607193020j:plain

リングの外周近くに来ないように、上部近くに来ないように

上手く取り付けないといけません。

この後、石膏を水で溶いて脱泡してワックスの原型に直接掛からない様に

底や横の方から注いでいきます。

そして、固まったら電気炉に入れて~焼成して脱ロウ…等は時間の関係上

先生が今日の夕方以降やって下さっているみたいです。

明日キチンと出来ているか楽しみです。

 

先日ワックスの鋳造依頼をしたお話です。

シーフォースさんというところに依頼をしたのですが、

それが5/29のお話です。

ネットで依頼をして、自動返信メールに「後日担当者からご連絡します」の

記載ではありましたが…

1週間経っても連絡来ず→6/5現状確認メール送信→6/7午前中まで待ち連絡無し…

しびれを切らして直接TELにて問い合わせをしたところ、

メールはまだ見ていないと…。

そして、依頼フォームが新しくなってまだ直っていないところがある旨を

教えて頂きました。

5/29 鋳造依頼、ワックス原型送付

6/2   着工

6/8   鋳造完了

みたいです。

納品までに2日かかるとして、5/29→6/10…ネットでは到着して4~6営業日。

こんなもんなのか、予想より時間掛かっているイメージです。

ちなみに、コチラからアプローチしない限りは向こうからは連絡はしないそうです。

なので「後日担当者から~」は、直ってないみたいです。

依頼フォームに「連絡下さい」と入れないといけないそうです。

 

進捗あったらまた書きます。

貴金属加工_87&88

こんばんは。

 

5/29に初めてのワックス鋳造依頼を出したのですが、何の音沙汰も無いです。

依頼直後の自動返信メールには、

「後日担当者より、納期と価格のご連絡を致します。」

…納期の連絡は出来て発送するから2日後ですよ、とかですかね…。

さすがに発送はまだでも遅くとも鋳造は余裕で終わってると思うんだけどなぁ。

第1土曜日は営業しているみたいなんで、連絡してみます。

 

今日は1日貴金属加工です。

リングと石座をロウ付けするところからです。

f:id:fumidamu:20210604204532j:image

失敗しました。

石座とリング隙間があったのでロウが予想外のところに流れてしまいました…

余分なロウを削ってヘラまで仕上げたら再度ロウ付けです。

f:id:fumidamu:20210604204539j:plain

失敗しました。

2回失敗してしまって、挫けそうになりましたけど挑戦は続きます。

f:id:fumidamu:20210604204605j:image

ロウを2つずつ位モリモリに置いて、何とか埋まりましたがちょっと内側の空間に

余分なロウが入ってしまいました。

f:id:fumidamu:20210604204614j:plain
f:id:fumidamu:20210604204555j:plain

裏から見るとちょっと不足している感があります。

横に流れなかったら良かったんですけど。

これ以上やって失敗したら嫌なので、この後余分な石座を削ります。

f:id:fumidamu:20210604204609j:plain
f:id:fumidamu:20210604204549j:plain

リングを通した時に、指に当たる箇所を削って落としました。

この時点で裏に段差が出来てしまったので、先生にロウで埋めた方が良いか

確認してみました。

段差が有っても問題ないけど、指に当たって痛くないように段の角は落としましょう。

という事でした。

まだ形状しか出来ていないので、傷を削って磨いていきます。

 

午後は、磨いていくところからです。
f:id:fumidamu:20210604204558j:image

ヘラまでかけています。

毎回リングの内側のヘラの痕が凄く気になっていたので、頑張って消します。
f:id:fumidamu:20210604204529j:image

刻印もまだ残っています。

ちょっとボコボコしたところがありますが、シリコンポイントで凹凸を整えて

ヘラで消えるか確認してバフで研磨します。

f:id:fumidamu:20210604204525j:image

爪も石に合わせてニッパーで切った後、精密ヤスリで切断面を整えています。

f:id:fumidamu:20210604204542j:plain
f:id:fumidamu:20210604204535j:plain

リューターの金属部分に当たったのか、小傷があるので後で整えます。
f:id:fumidamu:20210604204545j:plain

内側は工具が入らないので、隙間に糸を通して研磨剤を付けて

ギコギコ引いて仕上げました。

白かった表面にしっかり銀が出ました。

f:id:fumidamu:20210604204621j:plain
f:id:fumidamu:20210604204602j:plain

小さい傷と、石座とリングの取り付け部分に凹凸があるので再度綺麗にします。
f:id:fumidamu:20210604204552j:image

石を入れたらこんな風になる予定です。

 

リングサイズが大きくなり過ぎたので、メンズの指でもピッタリです。(石は仮置き)

f:id:fumidamu:20210604204618j:image